2006年12月23日

「アメリカ経済終わりの始まり」を読んで

松藤民輔氏の久ぶりの本です。

「アメリカ経済終わりの始まり」

アメリカ経済は、終わりつつある。
ニューヨークダウは、12月20日の12,500ドル手前をピークに
下降しつつある。

このまま、下降していくのか、反発があるのか分からない。

大きな変動は、日本の長期休暇の時に起こる。

直近は、この年末年始にかけて

年末は、株高になっているが、

新年早々、暴落ってこともありうる。

1989年12月29日 38,915円の史上最高値を付け

日経平均 10万円がいつか来ると信じられていた。

しかし、年明け暴落が始まった。

もし、年末高、年始暴落になるなら

売りポジションである。

そして、日経平均が連動安で10,000円割れのとき買いを入れる。

いま興味を持っているのは、

日経225オプション 2007年2月物

行使価格 16,000円

12月21日購入 65円1枚 購入価格65,000円

ロスカット 30円

売り目標 130円

オプションの場合、1日での変動が大きい。

特に100円以下の場合、少しの変動で価格が2倍になることは多々ある。

あまり大きな利益を狙わず、コンスタントに2倍を達成すればいい。

65,000円が、13万円に
13万円が26万円に、そして50万円、100万円へと

いままでの失敗は、欲を出しすぎ、5倍以上か0かであった。

予想が的中した場合、2倍を確保、それ以外は他人にやる。

予想がはずれた場合は、ロスカットで50%は確保する。

この戦略を実行してはどうでしょうか。
posted by 室 茂 at 07:27| Comment(40) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

ブラックマンデーの予感

10月18日NYダウが史上初めて1万2,000ドルを突破しました。

実体経済を示す各種指数は下落している。

つまりアメリカ経済の実態は、下降しているのに株価だけが上がっている。

かつての日本の日経平均4万円直前まで上昇し

その後、一転

下降し、日経平均1万円割れまで

近い時点で、このような状況になるのではないかと思われる。

上がりきったものは、いつか下がる。
posted by 室 茂 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

Dr.ティーの日経225先物必勝法

Dr.ティーの日経225先物必勝法

あの伝説の相場師、ドクターティーの最新版。今回は返金保証付のびっくり企画付。
posted by 室 茂 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の成功するトレーダー養成講座

世界の成功するトレーダー養成講座

インスタント・プロフィット

世界中で成功する株式、為替、先物、オプションのトレードノウハウ!

株式、先物、為替で本当に成功しているトレーダーは、

ここに書かれた秘密を教えようとはしません。

「世界の成功するトレーダー養成講座」により、

プロのトレーダーが教えようとしない極秘ノウハウを

あなたは知ることができます!

これから、世界中の95%のトレーダーが全く知らない秘密を凝縮した

成功するトレードのホームスタディ・コースについて、

あなたにこっそりとお話ししましょう。

世界の成功するトレーダー養成講座
posted by 室 茂 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

金利が上昇する

7月14日 日本銀行は政策委員会・金融政策決定会合で、ゼロ金利政策の解除を決めた。

ほぼゼロ%としてきた短期金利(無担保コール翌日物)の誘導目標を即日、年0・25%に引き上げた。
公定歩合は、年0・1%から年0・4%に引き上げ、即日した。

異例の長期にわたるゼロ金利政策は5年4か月ぶりに幕を閉じ、金融政策の正常化に向けた一歩を踏み出した。

これを受けて、銀行の金利はすべて上昇している。

預金者にとっては金利上昇は歓迎すべきことですが、

大半の人は、借入金を持っているはず。

金利負担が大きくなってくるのでは。

企業でも、金利負担が大きくなるところが増えてくるのではないでしょうか。

posted by 室 茂 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

潜在意識を活用した資産運用は下降相場でも通用する

昨日大阪で七田真さんのセミナーがあり、土慈大壱さんも来られた。

七田先生の紹介のあと、話されたが、

最近の下げ相場のなかでもコンスタントに利益を出しているとのこと。

この言葉を聴いて心の中で「よかった」と叫んでいた。

なぜか?

私自身、潜在意識を活用した資産運用を研究しています。

土慈大壱さんは、右脳教育の第一人者である七田真さんから紹介された。

このため、土慈大壱さんは、右脳の能力、潜在意識の力を株式投資に活用し成果をあげている人です。

土慈さんは、デイトレーダーであり、私の基本方針は長期投資ですから考え方が異なります。

しかし、投資の根本にある考え方は、右脳活用、潜在意識活用であり同じです。

彼が、この下降相場で利益を出せないとすれば、右脳の活用、潜在意識の活用でも利益が出せないということになるので、彼にはどんな局面、暴落下でも稼げる人であってほしい。

1928年世界大恐慌下、ジョン・F・ケネディの父は直前の売りぬけにより莫大な利益を得、その資金をもとに政界に進出しました。

どうして暴落直前に売り抜けることができたか?

彼が、証券取引所へ入るとき近くで靴磨きの少年がいて、靴を磨いてもらったそうです。
そのとき少年が「おじさん、株を買ったらいいよ、絶対儲かるよ。ぼくも株で儲けた」と言った。
それを聞いたとき彼は、靴磨きの少年が株を買う、今が天井のサインだ、すべての株式を売却しようということになり、現金で暴落を乗り切り、暴落後最安値の株式を購入しその株式が上昇して莫大な資産となった。

大衆が買うときは天井、売り時

大衆が怖がり売り誰も買わないときが底、買い時

これを実践できれば大金持ちになれます。

実践できればの話ですが。

posted by 室 茂 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

日経平均オプション プットを買っておけば

今朝のテレビで、ニューヨークが下げた。

11,000を割る

と報道されるや

日経平均も、462円安の14,633円

5月のトップが17,000円オーバーだったので

5月初めに、日経平均オプション プットを買っておけば

少しは儲かったのにと思う。

ただそのときに軍資金がなかったのでどうしようもないが。

posted by 室 茂 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

金価格は調整局面

金価格は調整局面に入っている。

サポートラインは、50日移動平均線

もう少し調整をして、高値挑戦するのでは
posted by 室 茂 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

金価格と株式は反対の動きをするもの

アメリカ10年もの国債の金利は、5.18と

2003年の3.80を底にしての反発局面

1982年に付けた15.00オーバーに向かっているのでは?

金価格は20数年ぶりの高値

国債の金利は、20数年低下傾向だったのが反転して上昇

ニューヨークダウは、最近の高値11,709から下降局面に

日経平均は、4月初旬の高値17,500をピークに下降局面に

そして金価格が、5月12日に730ドル達成

金価格の反対に株式がある。

金価格が上昇するとき、株価は下落してきた。

近いうちに、株式の大幅下落、金価格の急上昇が起こるかもしれない。

posted by 室 茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

金価格700ドル達成

今週ついに金価格が700ドルを達成

すごい勢いで上昇しています。

急上昇はいつか調整が起こるはずです。

しかし、そのタイミングは分かりません。

どこまで上昇して調整に入るのでしょう。
posted by 室 茂 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。